強壮,にんにく

如意与のスゴイにんにくパワー。

日本人は臭いに対して特に敏感なので、「にんにく」と聞いただけで嫌悪感を持つ人が多いのも事実です。

 

現在市販されている「にんにく製剤」も非常に数多く、形状も粉末、液体、カプセル、丸薬、錠剤と,多岐にわたっています。

 

もちろん,効能 効果についてもピンからキリまで、さまざまのようです。

 

「無臭」と謳ってあっても、口臭にこそ出ないが、尿や便、汗などに臭いが残り、なかには夜具や下着にまで悪臭がしみついてしまうというひどいものもあります。

 

「完全無臭」と表示され、本当にそれを立証しているにんにく製剤は唯一、「如意き以外には見当たりません。

 

この如意?こそ、先ほどからふれている"良い健康食品“であり、本書の主役を務めるものなのです。

 

また他のにんにく製剤に話は戻りますが、液体の有名品も数多く出回っていますから、ごらんになった方もいることでしょう。

 

しかしこれは,胃酸と化合して有害な硫化水素を発生するものや、また長期間の連用によって初めて効果が出るというものがほとんどなのです。

 

また、液状のものは短期間のうちに効果があるようですが、これも硫化水素の影響でゲップが出たり,皮膚に発疹が出たり、粘膜を刺激してさになったりするものがあるので、避けた方が賢明でしょう。

 

にんにく製剤は、薬局 薬店や広告などで見る限り、どれも同じもののようにとらえられがちですが、効果が少なくて副作用を伴うものと、安全で即効性、持続性もあり、完全無臭のものとでは、それこそ雲泥の差があるのです。

 

聽その"差"を如実に表わした実験例がありますので、ご紹介しましょう。

 

「如意?」とその他のにんにく製剤を比較した実験です。

 

まず、それぞれの製剤をG-Gに分け、それを食事に混ぜてネズミに与え、一定期間飼育したのち、決して這い上がれないような状態にしたプールにネズミを入れたのです。

 

投げ入れられたネズミは、必死に浮かび上がろうと泳ぎ続けます。

 

ついには力尽き、ダウンするまでの耐久時間を比較してみると、次のような結果が出たのです。

 

<如意?グループ>......約三時間<他のグループ>........約二十分~11十分この動物実験からもわかるように,同じにんにく製剤でも、その差は歴然と現れるものなのです。

 

優れたにんにく製剤は、精力増強といった強精作用はもとより、美容効果にも優れ、肌をうるおし、若さを保つばかりでなく、カゼにもかかりにくい体質を作ります。

 

また、同時に胃腸病、糖尿病、結核、不眠症、便秘、腹下し、脚気、神経痛,リューマチ、肩こり、水虫、ニコチン中毒、更年期障害、脱肛、きれ痔......と、実に幅広い効能効果を持っているのです。

 

その意味で「如意与」は、従来のにんにく製剤の難点をすべからく克服し得た"夢の結晶体の誕生“と言い切っていいでしょう。

 

では、なぜ「如意乎」は,これほどまでに広範囲な効力を持っているのでしょうか。